ムール貝の季節がやってきた

そういえば、ふと気がついたら「ムール貝(仏 moules / 蘭 musselen)」の季節になっていました。

国によって多少時差があるようですが、ベルギーでは今年は7月17日がムール貝の解禁日だったようです。それ以前は、「今年のムール貝」はスーパーでも、レストランでも手に入りません。

7月上旬にベルギーに訪ねて来てくれた友達は「ムール貝が食べたい」と願うも、ウェイターの「季節にはまだ早いよ」の一言で却下され、叶えられず。無念のまま、日本へ帰って行きました。あと2週間だったのに…。惜しかったねー。

そんな訳で、スーパーのチラシの目玉は「Zeeland産 ムール到来! 大特価!!」的な文字が踊ります。庶民の味覚ムール貝。「待っていましたっ!!」というベルギー人達に先を越され、先週末のお買い物では全て売り切れで 買いそびれてしまいました。

ベルギーで売られているムール貝は大抵Zeeland産。オランダの南西部にある小さな島が寄せ集まっている地区で、ムール貝の産地として有名です。

最近はムール貝の濫獲のせいで、漁獲高が激減しているそうで、庶民の季節の味覚なのに手に入りにくくなっているのだとか。庶民の幸せのために 安定供給してほしいものです。
b0111820_5481175.jpg
ウチも今夜はムール貝を夕食にしました。久しぶりだー。
Jumbo(貝の大きさによるグレード)ムール貝1kg=7.45ユーロ (約1250円)。
by hanatomo31 | 2008-07-24 05:55 | ベルギーBelgium

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ