チャンバラ貝

土佐料理のお店で食べた、皿鉢料理にあった「チャンバラ貝」。この貝は初めて。
b0111820_6181737.jpg
高知県などの地域ではお馴染みの貝なんだそうです。

チャンバラ貝の名前の由来は、貝から「刀」のようなモノが飛び出しているところから。
うん、確かに「チャンバラするぞ」という感じかも。
正式な名前は、マガキカイ。
でも、チャンバラ貝の方が雰囲気が伝わりますね。

塩ゆでしてあるそうで、味はつぶ貝などの貝とよく似たお味で、なかなか美味。

夏から秋にかけてが旬だそうですから、味わうならまさに今!!
東京ではあまり手に入らない珍しいモノなのだそう。食べるなら土佐料理のお店でどうぞ。

祢保希(ねぼけ)
 www.kazuoh.com
 都内に6店舗あります
by hanatomo31 | 2008-07-07 06:33 | 日本Japan

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ