ルルドの奇跡の泉

昨日は健康に良い温泉水の話。それで思い出したのが、「ルルドの奇跡の泉」
春休みにここも通り道だったので立ち寄ったのでした。
b0111820_626365.jpg
ルルドはフランスのオートピレネー地方(スペインの国境に近い山間部)にある小さな町です。ですが、ちょうど150年前に起きたといわれる奇跡の逸話のために、世界中から奇跡を信じる人、カソリックの信者、観光客が集まるようになりました。
b0111820_745173.gif
ベルナデット・スービルー(Bernadette Soubirous)は1858年の2月11日に川のほとりにある洞窟そばで薪拾いをしていた時に、聖母マリアと遭遇し(全部で18回も)、「洞窟に泉を掘ってその水を飲みなさい」と言われたという。
b0111820_754792.jpg
その通り土を掘ってみたら泉が湧き、その湧水によって怪我や不治の病が治癒するなどの奇跡が頻発したという。本当に不治の病に効く水なのかどうか、考え方は色々だと思いますが、「ルルドの水の奇跡で治癒した」ことをカソリック教会が認定しているケースも複数あります。

奇跡の逸話はまだあります。ベルナデットの亡くなった30年後に、教会関係者が遺骸を確認した際に、全く腐敗しておらず生前のままの姿を留めていたというお話。

(ちなみに、その時を含め全部で3度に渡りその謎を検証すべく検査が行われましたが、2度目の1925年時点では内臓に腐敗や顔の変色が見られたとか。) 現在でも彼女の遺骸はNeversの教会に祭られていて見学することができます。ただし、現在では彼女の顔に似せて蝋で作られたマスクを被せてあるのだそうです。実は個人的には、水の話より、こっちの方が興味津津だったりします。

と言うわけで、カソリック信者、そしてそうでない人にもルルドの泉の水は大人気。
b0111820_77243.jpg
ルルドの聖堂&洞窟まで続く「参道」沿いにあるお土産屋で、聖母マリアをかたどった容器を買って水を汲みに行きます。
b0111820_784319.jpg
マリア型容器は意外にも無造作に売られています。
聖堂に近づくにつれ、少しずつ値段が上昇します。これはお土産屋の基本法則。
b0111820_79765.jpg
予想外に、泉の水は便利なプッシュボタン式蛇口から。蛇口は20個近くずらーっと並び、多くの需要に対応します。水質は天然ゲルマニウムイオン水とのこと。
b0111820_795162.jpg
大きなタンク(これもお土産屋で売っている)で、大量にお水を持ち帰る人もかなりいます。
ありがたいお水ですが、帰りは重たいでしょうね。
b0111820_7142842.jpg
ありがたいことに、とても健康で元気一杯の私は、「今後も健康であり続けられること」を祈願してお水を持ち帰りました。
by hanatomo31 | 2008-04-19 07:22 | フランスFrance

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ