人気ブログランキング |

懐かしいオランダの味

先日、小中学校時代の友達がオランダから遊びに来ました。そして、おねだりしていた(図々しくも!) オランダの懐かしい味をお土産に持ってきてくれました。ありがとう! 色々と荷物が多かったはずなのに、沢山買ってきてくれてありがとう!!!

さて、その懐かしの味とはこの2つ。1つ目はね…
b0111820_2116992.jpg
オランダのスーパー「HEMA」の有名な「HEMA Rookworst / HEMA スモークソーセージ」。私が小学生の頃から食べ親しんできた大好きなソーセージ。U字型のこのソーセージはHEMAのスーパーの軽食コーナーで茹でたてのものを立ち食いできる、オランダの国民的スナックの1つ。
b0111820_21205731.jpg
おやつとしてのみならず、茹でたじゃがいもと野菜をを潰した「Stamppot / 茹で野菜のマッシュ」を添えれば、立派なオランダの夕食メニューに。この日はじゃがいも、にんじん、かぶ、芽キャベツを組み合わせました。
b0111820_21233880.jpg
そして本題のソーセージですが、このソーセージの美味しさのポイントは①スモークの効いた風味 ②ジューシーな肉汁 ③バリっと固めの皮 です。スモークはしっかり強めで、その結果だと思うのですが、豚の腸のケーシング(皮) の水分が飛んで通常のソーセージよりも固めに仕上がっています。そうすると、ソーセージにガブっとかじり付いた時に「バリッ」とした歯ごたえが楽しめるというわけ。かじった切り口からじゅわっと肉汁が溢れだすので、立ち食いの時には汁が垂れないように素早くすするのが肝心です!

このソーセージはHEMAで1936年から販売され続けて今に至るわけだから、80年近い歴史があるということ。もう十分に、オランダの伝統食の地位を獲得しているのではないかなぁ?

ところで、このHEMAのソーセージはこれまたオランダの会社Unileverが作っているというのは、公然の秘密。HEMAはソーセージの製造元を明かさないのだそうですが、UnileverのUNOXブランドから出ているスモークソーセージは実はこれと同じ味がします。HEMAのソーセージ好きとしてはとうの昔から気づいていたのだけれども、そのことを知って「やっぱり!」と思った次第。

そして、2つ目の懐かしい味とは…
b0111820_21371475.jpg
「De Ruijter」の「Vruchten Hagel / フルーツ・ハーヘル」。これはね、日本に同じものが存在しないので概念をあえて日本風に言い表すならば「パンのふりかけ」です。
b0111820_2275917.jpg
b0111820_21391571.jpg
パンにバターを塗って、その上にこのHagelをパラパラとふりかけて固定させて食べるのです。Hagelは顆粒状になったお砂糖。フルーツの場合はフルーツの味がします。ちょっと不思議な食べ物だけれども、バターとお砂糖、そしてパン。この組み合わせ、こどもはもちろんのこと、大人だって好きになる味。そして、なによりも牛乳と一緒に味わうのがいい。

パンに載せて食べる以外にも、カップケーキやアイスクリームのトッピングにも使えるし、プレーンのコーンフレークにかけて食べても美味しいですよ。見た目以上に使い道はあります。(なんたってお砂糖ですから)

De Ruijterからはこのフルーツ味の他、アニス風味、ベリー味のHagel、そしてチョコレートのHagelが品揃えとしてあります。(色合いも明るくて美味しそうなフルーツ味が1番好き) あくまでもこのメーカーは「パンのふりかけ屋」なので、創業の1860年から今に至るまで頑なに(?) パンのふりかけだけを作り続けているのです。

オランダのパンのふりかけ、日本では売っているのを見たことがないので、オランダ土産に良いのではないかしら? と私は思っています。

ほっちゃん、本当にありがとね♪

<関連記事>
 オランダB級グルメ
 「パンのふりかけ」食べてみる?
by hanatomo31 | 2013-08-29 22:02 | オランダThe Netherlands

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ