人気ブログランキング |

Guinness Beerの工場見学に行こう!

b0111820_0521760.jpg
アイルランド特集もようやく終わりが見えてきました。ダブリンと言えば…というぐらい存在感の大きな「Guinness Beer」の工場見学のお話です。

これまでにかなり沢山お酒の醸造所の見学をして来ましたが、このGuinnessの工場は規模で言うとかなりもの。ベルギーのStella Artoisに次ぐ規模かもしれません。だけれども、見学内容の充実度でいったら、Guinnessの方に軍配が上がるかも?! 施設の名前は「Guinness Storehouse」
b0111820_0523542.jpg
ここではお酒の醸造所では必ず用意されている「会社の歴史」や「ビールの製造過程」の説明はもちろんありますが、今回はそのあたりのことは割愛。この施設で面白いのは「歴代Guinness広告」の展示です。
b0111820_0535069.jpg
かなり古い時代のポスターやノベルティーグッズから始まり、現在のTV広告まで代表的なもの(それでもかなり多数)を見ることができます。GuinnessのTV広告といえば、マーケティング研修などで教材にも使われることのあるぐらい 訴える内容的にも、映像の面においてもクオリティの高いものが多く、長い時間突立って広告を見ていても苦になりません。

古い時代の広告は「A Guinness a day. Guinness is good for you (1日1杯のギネスビール。ギネスビールはカラダに良い)」や「Guinness for strength(ギネスを飲んでみなぎるチカラ)」などのように、Guinnessの機能面を訴求するものが多いのが特徴です。どうやら、Guinnessを飲むとカラダに良いというのは今でもアイルランド人の間ではしっかり定着していることのようで、長年のGuinness社の広告活動は確実に実を結んでいるようです。

しかも、アイルランドでは昔は授乳中の女性や入院患者に医師からGuinnessビールが処方されたことも実際にあったとか。また、献血をした後には、お茶やコーヒーを飲む代わりにGuinnessを飲むほうがいいとも。ここで考えられる効能は全て「血液のめぐりが良くなる」というところに尽きるような気もします。それだったら、Guinnessに限らずどんなアルコールでもいいのかも?!

そういえば、Guinnessを訪問した時には妊婦だった私もタクシーの運転手さんに「Guinness飲んできたかい? 飲んでないなら飲んだほうがお腹の赤ちゃんの為にもいいよ」と、勧められたっけね。(もちろん、聞き流しましたが)
b0111820_1405957.jpg
それから、Guinnessは誰もが知っていて、誰もが1度は挑戦しようと野心に燃えた(?) 「Guinness Book of Records / ギネスブック」の会社でもあります。

本が生まれたのは1951年当時のGuinness社の会長が狩りに出かけた時に、ふと、「世界最速で飛ぶ鳥はどの鳥なんだろうか?」と気になったのがきっかけ。気になったけれども、その答えが出ている文献を探してもさがしても見つけることが出来ませんでした。そこで、「世界一」の記録を集めた本を編纂することを思い立ち、1955年にはギネスブックの初版が刊行されました。
b0111820_1183251.jpg
他のお楽しみコンテンツは「Guinness Academy」。黒いクリーミーで重い質感の泡が特徴のGuinness。このビールを上手に注げるようになるための体験クラスです。これは1人ずつ体験ができる他、ビールが1杯タダで飲めるとあって大人気。

それじゃ、私もやってみようかしら。
b0111820_1213747.jpg
よく乾いて冷えたGuinnessのグラスを用意し、45度に傾けてゆっくりとビールを注ぎ入れます。グラスの3/4まで注ぎ入れたら一旦ここでストップ。
b0111820_1245533.jpg
グラスを置いて、少しずつ下から泡が上がってくるのを待ちます。もわもわとクリーミーな泡をじーっと見つめること約54秒。(だったかな) 泡が1cm-1.5cmの厚さになったら準備完了。
b0111820_127461.jpg
そこへ再びグラスの天辺までビールを注ぎ入れます。ここで決してビールを溢れさせないこと。
b0111820_1292577.jpg
ロゴが見える向きに整えてサーブすれば、完璧なGuinnessの出来上がり♪

自分でいれたGuinnessはその場で飲み干すことができます。妊娠中だった私は、会場にいた若いインド人のお兄ちゃんに飲んでもらい、係員のお姉さんからGuinness社の創業者「Arthur」の名を赤ちゃんに授けてもらいました。(しかし、女子なので却下)
b0111820_1344091.jpg
b0111820_136397.jpg
Guinnessでのお楽しみ。見晴らしの良い展望バーで再びGuinnessをぐびぐび飲む。ビールの醸造所に来たんだから、結局はそういうことですよね。(笑) 他にもGuinnessを使った料理が楽しめるレストランなども併設されていますし、おみやげ屋さんも充実しています。(ロゴグッズだけでなく、Guinness味の食べ物も)

ダブリンを訪れた日が生憎の雨模様だったら、まずはGuinnessで雨宿りしてからプランを練る…というのも悪くないかもしれません。あるいは、単に「Guinnessが飲みたい」それだけの理由でもいいかもしれません。とは言うものの、Guinnessが飲みたいだけならばここまで出向かなくてもアイルランドの店ならどこでも飲めますがね! イヒヒ。

長く続いた「アイルランド特集」はこれにてひとまず終了!

Guinness Storehouse
 www.guinness-storehouse.com
by hanatomo31 | 2013-05-28 01:51 | アイルランドIreland

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ