人気ブログランキング |

イランで口にした飲み物 sanpo

そういえば、いつもなら新しい国に行くと食べ物の話で始まるのに、今回は全然していませんでしたね。それでは…ってことで、まずは「イランで口にした飲み物編」にします。

<ざくろジュース>
b0111820_19561992.jpg
テヘランのバーザール(市場) で、何度も目にした「انار / Pomegranate / ざくろ」を売る店。イランはざくろの原産地であるといわれています。それだけに ざくろを売る店が多いだけでなく、イランの食生活には欠かせない材料の1つです。そしてもちろん、ざくろを絞ったジュースもポピュラー。
b0111820_19595838.jpg
フレッシュなオレンジジュースを絞って出す店と同じような機械にざくろがゴロゴロと2-3個入って、圧力をかけると…おおお、300mlはゆうにあろうかという大きなコップになみなみと絞り出されたざくろジュースの出来上がり♪ 

ざくろジュースって大体、お値段が普通のジュースよりも張ることが多いのに…こんなに贅沢に飲みきれないほどの量を手にして、ちょっと興奮してしまいました。(先日、ざくろの実を手に入れて、手搾り、手漉しでざくろジュースを絞ってみたけれど、ざくろの実1つで採れたのはわずかに100ml程度。美味しいけれど、日本ではやっぱり貴重品だわ)

<ドゥーグ>
b0111820_2083031.jpg
この白い飲み物の名前は「دوغ‎ / Doogh / ドゥーグ」。イランのヨーグルト飲料のことです。炭酸のシュワシュワした口当たりと、ヨーグルトのコクと、塩気の効いた飲み物。普段、私の飲みつけない味だったので、あらかじめどんなものか頭では理解していたつもりだったにも関わらず、口にした後は頭の中が「?」でいっぱいになってしまいました。

塩気の効いたヨーグルト味の飲料だったら、トルコの「Ayran / アイラン」など、他国でも存在しますが、そこに明らかに炭酸のシュワシュワ、ブクブクが加わると…、びっくりしてしまうのです。(って、これはさっきも書きましたね。) 甘くない飲料ですから、食事と一緒に頂くもよし。

このドウーグですが様々なメーカーから市販品が出ていますが、自家製することも可能とのこと。ヨーグルトを同量の炭酸水で割って、塩胡椒で味を調える…のだとか。ドゥーグを手っ取り早く、ご自宅で試飲することが出来ますよ♪

<チャイ>
b0111820_20202059.jpg
イランも「چای / チャイ」文化の発達した国。せっかくなので、イランの伝統的な喫茶店「Chaykhune / チャーイハーネ (チャイハネ)」でお茶してみました。チャイハネではお茶を頂く以外にも、水タバコを吸ったり、食事をしたり…色々楽しめるところ。(その話は、また後日)

お茶は小さな取っ手の付いていない、ガラスのコップに入れて。受け皿の上には、「Nabat / ナバット」という楊枝にくっついた黄色い氷砂糖の塊。黄色はサフランで着色したもので、腹痛に効く効果もあるものなのだそう。これ1本丸ごとお茶に溶かして飲んだら、かなりの甘さになること請け合いですが、以前モロッコで飲んだミントティーにもホテル石鹸サイズの砂糖塊が入っていたことを思えば、案外、これも普通のことなのかもしれません。

お茶だけを頼んでも、セットでお茶受けが付いてきます。写真左の方に写っているのは、ほんのり甘いペイストリー。特に中に具は入っておらず、表面にうすーくジャムのようなシロップが塗られています。そして、写真では見えづらいですが、右奥の方には黒いオリーブのようなものが。これは、U.A.E.でも私が喜んで食べていたデーツ。これらをチビリチビリとつまみながら、お茶(普通の紅茶) を愉しみます。

<ビール>
b0111820_20385874.jpg
ご存知のように、基本的にイスラム圏ではお酒は禁止。ですが、街なかにはビールの広告が沢山。でも、よく見てみると「ピーチ、アップル、レモン…」などとフレーバービールのよう…。広告主のHolstenはドイツのビール会社。イランではノンアルコールビールを扱っているようです。

そんなにビールを欲しているわけでもないのだけど、やけに目に付くのでノンアルコールビールを1つここは試してみようかな?
b0111820_20434520.jpg
買ったのは、前出のHolstenではなく「JoJo」ビール。イランのTeharn Govar社のノンアルコールビールですが、なんだか"ジョジョ"っていう名前の響きに惹かれて選びました。(笑)

日頃、ノンアルコールビールを飲まないので比較もなにもできませんが、このビールはめっちゃ甘いです。フルーツの味で甘いのではなく、麦芽の甘さ。でもって、ホップの苦みもある。甘ーい黒パンを液状化したような味です。そういう意味では、ベルギーやドイツの黒ビールに似た味とも言えるのだけど、アルコールが無いだけにジュース感が強く、そうなるとこれまでの私のジュースの概念を逸脱してしまうので、頭が混乱してしまいます。まずいとも言えないが、美味しいとも言えない、かな。;P

このビールのつまみには、生のピスタチオ…。こうしてイランの夜は更けていきました。
by hanatomo31 | 2012-01-17 20:58 | イランIran

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ