リゾート感あふれるスプリットの海岸通り

b0111820_16143593.jpg
クロアチアの素敵な街ってドゥブロブニクだけじゃないのです。「Split / スプリット」もかなりチャーミングなところ。
b0111820_16143467.jpg
大型豪華客船が連日のように停泊し多くの観光客であふれかえる、ローマ時代の宮殿跡地に発展した町、それがスプリット。
b0111820_16143563.jpg
ヤシの木の並木道の海岸線はニースやモナコなどリゾート地に共通する華やぎがあります。でも、一日中ここで過ごすのはもったいない!
ローマ時代の「Dioklecijanova placa / ディオクレティアヌス宮殿」の跡地はかなりしっかりとその姿を残しています。大聖堂「Karedrala Sv. Djuma」に面した広場はコーヒーを飲んだり、ガイドブックを復習したり、のんびり過ごすのにぴったりです。
b0111820_16144570.jpg
ローマ時代の兵士に紛争したパフォーマーがいる時も。私も一緒に写真を撮ってみたかったけれど、自称シャイガール(?)の娘に却下されました。
b0111820_16143568.jpg
男性コーラスグループのパフォーマンスも見られます。石造りの建物だから音響がいいのか、少し離れたところにいても彼らの歌声は大迫力で聞こえてきます。お揃いのカマーベルト姿がいい具合に素敵さを演出していて、特に中年以降の男性にはよくお似合い。お腹が出ていてもOKだと思わない?
b0111820_16170726.jpg
街の中はいりくんだ路地がいっぱいで、はじめのうちは道に迷いながら適当に彷徨うのが楽しい。
b0111820_16350544.jpg
何度も同じ道をぐるぐる歩いているうちに、勘に頼るのではなくちゃんと曲がるところがわかるようになるんだから、私の学習能力も捨てたもんじゃない。(夫は初めから地図でおおよそのアタリをつけてから歩き出すほうが好きだというけれど…どちらが良いというよりも、それは性格の違いだよね)
b0111820_16144503.jpg
b0111820_16170221.jpg
娘は子どもたちがたくさん先生に引率されているのが気になったよう。自分よりも年上だけど、やっぱり子どもは子どもが気になるのね。私はスプリットの子どもたちはおしゃれなんだな、と思ったり。
b0111820_16144552.jpg
b0111820_16144442.jpg
スプリット観光の中心である旧市街の城壁の外にはまぶしい緑の公園。そして、ここにも同じ学校の子どもたちと思われる集団がいました。写真のひときわ目立つ銅像は「Spomenik Grgura Ninsko / Gregory of Nin / グルグールの像」。えーと、まぎらわしいけれど「グーグル」じゃなくて「グルグール」ですからね、お間違えの無きように!

クロアチアの歴史上重要な人物で10世紀に活躍し、司教であった彼は教会でお説教の際に使われる言語を従来のラテン語から、一般庶民にも理解できる言語=クロアチア語に改めさせたことで知られます。これにより、クロアチアの言語、文化、そしてキリスト教信仰が確立しました。
b0111820_16150147.jpg
こんなに広々とした空間もあります「Trg Republike / Republic Square」。
b0111820_16144529.jpg
b0111820_16140998.jpg
観光を終えた夕暮れ時には豪華客船は港から出発していきます。夕焼け空と海の間に消えていく船と影になったヤシの木。絵のように美しい光景をじーっと眺めているうちに気づけばとっぷり日が暮れていました。

スプリットの「市場編」に続く!近日アップ予定です。

[PR]
トラックバックURL : http://hanatomo31.exblog.jp/tb/26704854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hanatomo31 | 2017-03-08 15:09 | クロアチアCroatia | Trackback | Comments(0)

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ