冬棗

b0111820_13453669.jpg
この秋 出会った美味しいフルーツ。「Winter Date / 冬棗」。大きさは巨峰の実ぐらいかな。赤茶色の果皮に包まれた、少し硬さのある果実です。これまでに見てきた棗とはなんだか違う。なんだかよくわからないけれど、よくわからない食材を見つけたら買う習慣のある私。値段も400gぐらい入って3SGDぐらいだったので、迷うことなく買い物カゴへ。

青果売り場のお兄ちゃんに食べ方を聞いたところ「洗って、ただかじればよい」ということなので、その通りやってみると‼カリッ。予想外にクランチーな食感。よく熟れたリンゴのような、甘さと歯ごたえ。んー、予想外でした。これは嬉しい驚きです。
b0111820_13461002.jpg
カリカリ、ポリポリ。真ん中に棗らしい、細長い種が入っています。うん、やっぱり棗の仲間なんですね。初めて食べた娘の口にも合ったよう。洗うだけでいいし取り扱いも楽なので、学校のおやつにもぴったり!とリピート買いを目論んでいましたが、その後見かけることはなく購入出来ずにいます。

今回買ったものは中国からの輸入品。友人の韓国人の友達にも食べてもらったところ、韓国でも秋口に売っているのを見たことがあると。日本にもあるかしら?

[PR]
トラックバックURL : http://hanatomo31.exblog.jp/tb/26377406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by helebore at 2017-02-09 00:37
これ、韓国ではテチュといってふつうは乾燥したのをお茶(甘いスープ状のもの)にしたり料理に使ったりします。(英語だとjujube)で、秋、生の物が短い期間だけ店頭にならびます。うちの庭(借家)にもありましたよー。漢方薬みたいで韓国人特に女性ははよく食してました。
Commented by hanatomo31 at 2017-03-06 15:55
heleboreさん: こんにちは。はじめまして。ブログにコメントをありがとうございます。
すっかりお返事が遅くなってしまったけれど、教えていただいてありがとうございます。

なるほど、これはJujubeなんですね!納得です。いろいろ断片的だった情報のパーツがこれで全部つながったような思いです!
by hanatomo31 | 2016-11-16 14:35 | シンガポールSingapore | Trackback | Comments(2)

座右の銘は「空腹は最高の調味料」 欲しいのは「食べても食べても太らない、魔法のカラダ」


by ハナトモ